「ファイナンシャルプランナーを職業にしたきっかけ」

こんにちは、ザ・ヴィジョンクエストのうらのまさこです!
今回もお読みいただきありがとうございます。

さて今回は自己紹介も兼ねて、私とファイナンシャルプランナーという仕事(FP)との出会いについてお話したいと思います。

私は現在名古屋(正確には名古屋市の隣町)在住ですが、大阪生まれの奈良育ち。
四天王寺高校→関西大学商学部卒というスピリッツはコテコテの関西人です。

高校、大学と私立に行っておりますが、大企業の末端の小企業に勤めるブルーカラーの家庭に育ち、まったく家計に余裕があるわけではありませんでした。
しかし母親が自分の果たせなかった夢「大学進学」を叶えたく、私の教育にお金をかけてくれました(当時は進学率も低かったので本当に価値がありました、親に感謝)。
そういうお金にシビアな家庭事情もあり、私自身若い頃からお金には人一倍興味がありました。

大学進学時は1985年(ああ、歳がバレますね 笑)、男女雇用機会均等法ができる前年ですね。
女性の社会進出というキーワードに惹かれ、バリバリ働けそうなマンション事業最大手の長谷工コーポレーションに就職しました。

入社した1989年はバブルのピーク。
販売センターに1日3000人が詰めかけ、購入申し込みに社員1人あたり100組接客し、抽選は何十倍にもなり、といったことが関西一円のあちこちでも起こりました。
バブルが弾けるタイミングで、マンション販売から奈良の仲介店舗に異動するのですが、6000万円のマンションが数ヶ月で3~4000万円まで下落していく様は、現場にいてなかなか衝撃的でした!

ちなみに、金利低下の影響で数年前から関東エリアを先駆けに不動産バブルの様相がありますが、当時は場所を選ばずのバブルで(本当に何もないところにマンションが建ちました)、今とはちょっと異なりますね。

さてその時点では【失われた20年】になるとは誰も予想していなかったわけで、私の仕事は「このくらいの価格の家がほしい!」というお客様にひたすら予算に合う物件を探して買っていただく、それだけ。

私がライフプランニングの重要性に気づき、お客様にキャッシュフロー表を通じて人生とお金のよりよい関係創りのきっかけを提案するという、FPへの道に進むのは、もっと先になります。

結婚、退職、そして夫の転勤で名古屋に引っ越し、出産。
子育てだけでない「何か」を探していたとき、ちょうど生命保険の更新時期に当たりました。

独身時代に職場に来た、いわゆる保険のおばちゃんから言われるままに加入した保険。
夫の場合は扶養家族が増えていますし、私の場合は専業主婦ですから、これって適正な保障額なの?そもそも内容もよくわからない?保険料も上がるようだしどうしよう?

そんなとき、長谷工時代の先輩が独立して大阪で保険の乗合代理店を始めたこともあり、FPの存在を知りました。

保険の見直しを受けて痛感したこと。
「お金のこと知らんって、なんて損なんや!」

さっそくAFP(日本FP協会)と2級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)を取得し、2005年に「FPオフィス ア・デザイン・フォー・ライフ」を開業しました。

6年しか社会人経験がないただの子育て主婦、しかも名古屋に人脈のない私が、なぜいきなり起業したのか?
幼稚園児を育てながら就職するのは難しいし、そもそもFPの求人ってどこであるのかわからないし、とりあえずやってみよう♪と。

今から考えると無謀極まりない!よくやったな~と思います・・・。
ですが、「お金のこと知らんって、なんて損なんや!」を他の誰かにも伝えたい。
その想いで今も仕事に取り組んでいます。

現在は、CFP®と1級ファイナンシャルプランニング技能士、宅地建物取引士、証券外務員2種などの資格を保有しています。
また2010年法人化し、ザ・ヴィジョンクエスト株式会社として今に至ります。

次回は私の投資遍歴にも触れていきたいと思います。
それではまた!ありがとうございました。

 

ソフィア・アセットマネジメントクラブ(スタンダード)

CFPうらのまさこの「お金を増やすためのイロハ」 より

 

ソフィア・アセットマネジメントクラブ(スタンダード)の詳細はこちらから▼

ソフィア・アセットマネジメントクラブ スタンダード

斉藤圭佑の稼げる仮想通貨プレミアの詳細はこちらから▼

斉藤圭佑の稼げる仮想通貨プレミア

Categories : FP